リフレクソロジーはどんなものでしょう

リフレクソロジー効果

リフレクソロジーを受けるための心得6つ

1つは、食後30分以内は、消化のために血液が胃に集まってきている状態なので、この状態で施術をしてしまうと集まっていた血液が全身にいってしまって消化不良をおこすかもしれませんので食後30分以内の施術はやめましょう。
2つ目は、エネルギーの流れをよくするためにも、貴金属ははずしましょう。
3つ目は、オイルは洗い流す必要はないですが、気になる場合は、軽く拭き取る程度にしましょう。
4つ目は、強い痛みの施術を好む方もいらっしゃいますが、逆に痛みがストレスになりますし、痛いから効果があるというものでもないのでリラックスして施術をうけましょう。
5つ目は、エネルギーの流れをよくするために、両手は広げていましょう。
6つ目は、施術後は、老廃物の排泄のためにも、また、内蔵への負担を少なくする為にも、常温の水や白湯を500CCほど飲みましょう。

施術後の身体の反応と、施術を受けれない人

リフレクソロジーを受けたあと、身体にどのような反応がでるか説明します。
まず、尿の色が濃くなったり、尿や便の量が増えます。
汗もいつもよりかきやすくなることもあります。
また、女性の場合、おりものや生理の量がふえることもあります。
他には、喉が渇いたり、頭痛を感じたり、胃が重く感じたりすることもあるようです。

リフレクソロジーを受ける前に必ず相談が必要な方もいます。
泥酔の方、高熱がある方、妊娠中の方、重度の糖尿病の方、重度の骨粗しょう症の方、伝染病の方、狭心症・心筋梗塞の方、重度の水虫や炎症のある方、足に怪我や捻挫などの異常がある方、通院中の方、リュウマチ・痛風の方、下肢に重度の静脈瘤のある方です。
あてはまる場合は、受ける前に相談が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る